×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



   

偏狂サイト「ロスタイム」 独り言。 2007年4月

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 独り言集

 偏狂Baggio!

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 偏狂リンク

 管理人選手票

 連絡先

Football 情報
 偏狂アンテナ
偏狂HP作成ツール
 まるごとロハで作るHP
 Sinobi.jp
 infoseek HP作成
 2007年4月15日(日)サクラサク草津!


 2007年4月26日(木)合掌 アラン・ボール


突然心臓発作で他界、61歳だぜ。
庭で焚き火を消そうとしていた時に発作が起こったとの事だ。

1966年W杯優勝メンバーで、イングランド代表72キャップの実績を持つ英雄である。

英雄も一人ずつ少なくなっていきますね。

合掌。
 2007年4月25日(水)5月19日クラマー氏来ハカタの森!


対サガン鳥栖との試合に来られるとの事。

行ってみたいですね。

アビスパの応援ではなく、リティの応援に来ることのであろうが、そんなことは構わない。
要は「クラマー氏がアビスパの為に来日する」という事実がすごい。
(来日の目的は他にもあるかもしれません・・)

まずは今日のセレッソ戦である。
 2007年4月24日(火)ベスト11??


前節は、アウェーで0−3と、スコアだけ見れば完勝のザスパ戦だった。

が、アビスパからの選出は2人。
サッカーマガジン誌の記者もやるもんだ。
アレックスは当確だろうが、あの日のキョーヘイははずさなくては彼の為にならない。

MVPは、サンガを粉砕した立役者である愛媛FCの田中俊也という選手。
敵ながらアッパレである。

しかし、ザスパvsアビスパの戦評には・・。
2点目の選手を「林祐昌」。
田中佑昌と林祐征を合体させたような感じである。
苗字が「林」だと、なんやらハヤシが得点をしたかのような錯覚に陥る。

ベスト11にキョーヘイではなく、タナカユースケであれば間違いはおこりにくかったのかもしれない。
 2007年4月21日(土)とりあえず連勝アビスパ・・。


ザスパも同じくパスミスとヒジ振り回しが多い試合であった。

審判にもめぐまれずに、最後は間延びした試合ともなってしまった。

アウェーで0−3なので良しとしなくてはならないが、どんたくシリーズが心配だ。

少しだけヒイキしているハヤシ君であるが、次は先発ではなかろう。

ヒサナガが復帰したことは朗報。

25日セレッソ(H)、29日徳島(A)、3日湘南(H)、
え、6日13節はアビスパお休み・・。

どんたくシリーズは3日だけだったのか?!
サクラサクまでは行かないかもしれないが、「アッパレ草津!」である。

気にはしていない(やっぱ気にしとるか?!)が、サンガの戦いぶりに後半30分くらいにテレビをつけてみると1−0。
やっぱ草津には無理だったか、とテレビを消して今朝コチラでの地方紙である京都新聞を開くと、
「サンガ痛恨のドロー」
「ロスタイム一瞬の不覚!」
という大見出しである。

フッフッフ
である。

昨日も述べたが、Footballにはこういうことが良くある。
我がアビスパも同じことが言える。

ムコウさんも必死なのです。
必死の相手を侮ってはいかん。

それにしても昨日のサンガと草津の試合である。
なんと鹿児島鴨池である。
よりによって草津さんの様に、金銭的に潤沢ではないチームをあそこに呼ぶとは・・。
「京都人の嫌がらせ」と言われるぜ。
準ホーム鴨池に呼ぶチームは考えてやらんと・・。
アビスパだけは西京極で試合をして欲しいものであるが・・。
 2007年4月14日(土)愛媛FC戦前夜
明日の13時よりハカタの森で愛媛戦です。

「格下相手」
「調整試合」
「勝点3ゲットシリーズ」

様々なフレーズが飛び交っているが、J-2を、いやFootballをなめてはいけない。

相手選手を見れば、確かに誰ひとり知った選手がいないくらいの若いチームである。
ただし、コーチを見ればイシマルキヨタカ氏がいる。

若い選手は野望にあふれ、イシマル氏としても勝手知ったるハカタの森に期するところがあろう。

Footballは「ジャイアントキリング」がおこりやすいスポーツだ。
しかもカミサマという魔物が、筆者のように特定のチームに時としてエコヒイキすることがある。

我がチームとしてはトップを狙う為にも落としてはいけない大事な試合だ。
しかも、このところ得点が少なくなったFW陣には特に「気持ち」を入れて頂きたい。
 2007年4月10日(火)ベストイレブン
恒例のベストイレブンが発表された。
当然と言えば当然であるが、我がアビスパ福岡からの選出は、なんと5名である。
キョーヘイ、クドウ、アレックス、そしてカワシマとトオルである。
評価点は5名とも「7.0」である。

監督部門でもリティが「7.0」でトップ当選。

エッヘッへ
である。

イカンイカン!
すぐに有頂天になるのが筆者の欠点であることを忘れずに、謙虚な姿勢でコンサ戦に臨まなくては・・。

しかし、
エッヘッへ
である。
 2007年4月8日(日)鴨川でお花見。


絶好の花見日和。
カミサンと鴨川で花見と洒落込んだ。
缶ビール3本、蛸のカラアゲ、かっぱえびせん、稲荷寿司3個、菜の花のおこわ1個。

植物園、半木(なからぎ)の道、疎水、下鴨神社・・・。
歩いて5分以内に花見をする場所が豊富にある。
そう思えば良い所に住んでいる。
遠くから来る人は大変でしょうね。
 2007年4月7日(土)開幕ハカタの森!
今シーズンハカタの森で勝ち星がなかったアビスパだったが、首位ヴェルディを叩いてくれた。

キョーヘイのキョウイテキ技ありゴールで先取点。
リティが連れてきた助っ人チェッコリにもゴールが生まれた。
(もっとも味方のゴールネットを揺らしたものだが・・)
そして最後はアレックス。

「得点できない病」に冒されていたアビスパであるが、今日の試合では3得点もしたアビスパでもある。

次は観客数が多くなってきたコンサドーレだ。
日程表を確認すると、会場はサッポロではなく西が丘とある。
チャンスである。
 2007年4月2日(月)4月バカのバカ〜〜!
放送禁止用語かもしれないので、世では俗に「エイプリルフール」とも言うらしい。

昨日のサンガvsアビスパでは、お互いに2度ずつネットを揺らしたのであるが、試合終了後のスコアでは2−1であった。

サイドからのクロスという、俗に言う横パスにもオフサイドが適用されるようになったらしい。
ゴール裏からでは絶対的断言はできないが、Pエリアの長い線の延長線上の少しだけ内側くらいの位置から出されたボールと、そこからユースケの受けた位置は延長線上にあったと記憶する。

ヒジウチを出されてもノーファールになったみたいだ。

ヘッドの競り合いで、ジャンプをせん奴がノーファールということらしい。

その他ワタシの知るルールが少しずつココ西京極では変わった様だった。

まさしく4月バカー!である。
 2007年4月1日(日)新年度
年度末やら新年度ということを忘れていたわけではないが、民間人のワタシにとっては超多忙である。
昨日から今日にかけて、明日からの準備にバタバタしている。
昼には目処をつけて、4時からの西京極に備えなくては・・。
しかし、カバンの中には、いつの間にか手に入れたアウェーゴール裏の券がある。


◇偏狂管理人の独り言 2007年4月◇