×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



   

偏狂サイト「ロスタイム」 独り言。 2007年3月

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 独り言集

 偏狂Baggio!

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 偏狂リンク

 管理人選手票

 連絡先

Football 情報
 偏狂アンテナ
偏狂HP作成ツール
 まるごとロハで作るHP
 Sinobi.jp
 infoseek HP作成
 2007年3月28日(水)裁く行司
横綱が注文相撲を取る相撲を裁く立行司は少ないと思う。
しかし3月場所にて引退した34代木村庄之助は、なんと、2つも続けてあっという間に軍配を上げなくてはならなかった。

相撲の行司さんも、相撲自体が滅茶苦茶なら「お裁き」も大変である。

腰に差した短刀には、差し違いをしたときには切腹する覚悟でのぞむという意味がある。

先日発売されたサッカーマガジンのJ-2コーナーを良く検証してみた筆者です。
4節でのヴェルディvsセレッソにおける裁く行司の採点は、なんと「4.0」。
イエローが10枚、レッドが1枚。
監督はラモスとツナミという熱い男同士。
相当な試合であったことでしょう。

アビスパvsベガルタの試合での「カミサマ」よりも低い採点とは、どんなお裁きだったのでしょうか。

相撲のレベルに問題があったのか、それとも立行司には程遠い行事さんだったのか。

主審の名前を見れば、けっして両チームの選手には問題はなかったのは思います。
 2007年3月27日(火)J-2 ベスト11
恒例のベスト11です。

4節では当然ながらアビスパからの選出はない。
MVPは梁勇基選手だ。
アビスパ戦で同点から逆転のゴールをあげた、あの「ヤン」なっちゃう選手である。
仕方がないが、認めておこう。
しかし、「今回は、」という限定版である。

5節では、我がチームからリンコンとアレックスが選出された。
まあまあ、というところか。
アレックスは「王ボール」や「長嶋ボール」のように、ある意味ネームバリュー的選出かもしれない。 先日の試合では、特出したとは感じなかったが、他の試合でよほどの不作だったのかもしれない。

5節でのベスト11メンバーをよく観察すると、負けたチームからただ一人だけ選出されている選手がいる。
敵チームのひとつであるサンガからの「徳重隆明」という選手だ。
セレッソに逆転負けをした3−2の試合であるが、チームの2点を叩き出したアンドレへのアシストがいずれもトクシゲ君からである。
位置は左サイドか?
となると、コーヘイとヤマガタ弟がケアする方か。
いずれにしろ現場でよく見てみる事にしてみます。
 2007年3月26日(月)J-2 5節
土曜日から日曜日にかけてバタバタしてしまった管理人でした。

仙台 1-1 草津 13,210人
山形 0-1 札幌  3,932人
鳥栖 1-0 徳島  4,278人
水戸 1-4 福岡 1,063人
湘南 0-0 愛媛  3,092人
C大阪 3-2 京都 5,238人

週末の東京出張から、ギリギリ試合開始30分前に戻ってきた管理人だった。
風呂に入ったあとビールを片手にテレビ観戦。
チェッコリへのイエローカードに対して、リティの「なんて言ったの?!」という声が相当に響いていた。
それもそのはず。
観客が1,063人だったとのこと。
ハカタからの超オノボセさん達が50人として、水戸界隈にいる九州関係者が50人はいたであろうから、水戸のサポーターは・・・。

そりゃ勝点もあがらんわなぁ。

しかし、仙台は頑張っていますね。
連続して1万人を超えているのは、ココと札幌くらいだ。

来週は西京極。
京都界隈の人は500人くらいはいるはずだ。
声を掛け合って3000人くらいで乗り込みたいものですね。
 2007年3月22日(木)J-2 4節
東京ヴェルディ 2-0 セレッソ大阪 8,065人
アビスパ福岡 1-2 ベガルタ仙台 8,418人
愛媛FC 0-0 水戸ホーリーホック 3,519人
京都サンガ 1-1 徳島ヴォルティス 5,318人
コンサドーレ札幌 0-0 湘南ベルマーレ 13,279人
ザスパ草津 1-1 サガン鳥栖 2,621人

1、ヴェルディの調子が良い。(3勝1分)
2、ベガルタの勢いを止められなかった。(3勝1分)
3、セレッソ最悪の3連敗、しかも得点が「1」。
4、渋い(しぶとい)試合が多くなっている。
5、アビスパは13チーム中9位と。セレッソに次ぐ最悪ぶり。(1試合少ないが・・。)
6、コンサの観客数が伸びている。(ホームで2試合続けて13000人を突破)
7、ハカタの森の集客数が、2試合続けて8000人。(山形戦8479人、仙台戦8418人)

ハカタの森の集客数は、オノボセさんの原資が8000人というところなのでしょうか。
天候と相手チームに恵まれなければ10000人突破は無いのか?

政令都市フクオカをバックボーンにしていながらコノ数字とは、チーム関係者は危機意識を持ってチームと試合の魅力アップに取組んで欲しい。
オノボセさんの数を増やすには、魅力的な試合をする事で解決するはず。
魅力的な試合とは、勝つことと得点力を増す事でしょうかね。

ヴェルディ戦に15000人を集客する事が出来なければ、ホントに危機意識を持つための意識改革も必要になります。

と、ワタシは傍観者的に「言うだけ」の人で申し訳ない、とも思っています。
 2007年3月21日(水)チェコリ・・。
スガイという右サイドの選手は負傷で出られなかったが、代わりにヤンやらなんやらにチェッコリの裏をとられまくってしまった仙台戦だった。

タツノリ(ヤマガタ弟の方)のシュートで始まり、タツノリ(ヒサナガ)のゴールで幸先の良いスタートを切ったアビスパだったのに・・・。

終わったものは仕方が無いが、仕方ないで済ませないでキチンと立て直さなくてイカン。

水戸で勢いをつけてから西京極に乗り込んで来いよ!

待っているぜ!
 2007年3月20日(火)仙台戦前日
明日はお彼岸の中日です。
ハカタの森には、お昼頃にはオノボセさん達が多数集まってくれている事でしょう。

本日発売されたサッカーマガジン誌に、前節(3節)の仙台vsヴェルディの試合内容が解説されていた。
仙台が2点先行しながら、話題のフッキにゴボウ抜きされて追いつかれたようだ。
仙台が、この「引き分け」にモチベイションを下げているか、それとも良い教訓として侮れない「強攻状態」で来るのか。

J-2ベスト11に右サイドのスガイ選手が「7.0」の高評価で選出されている。
古典的レフティー・チェッコリが正面から押さえ込めば問題無かろうが、スピードに乗って裏を突かれたらヤバイかもしれない。
あとは若武者のバンダイ君を乗せない事であろう。

仙台、水戸、サンガ、ヴェルディと続く。
水戸には失礼な話しであるが、仙台、サンガ、ヴェルディという好スタートをきっている当面のライバルチームを幸運にも撃破する事ができれば、今シーズンのスタートダッシュ成功であるのだが・・。

欲を出しすぎてもいけないが、ヒイキチームには最高の状態を期待してしまいます。
 2007年3月18日(日)J-2 3節
3月17日(土)
徳島 0-3 札幌 鳴門
仙台 2-2 東京V ユアスタ
水戸 1-3 草津 笠松

3月18日(日)
山形 13:00 京都 NDスタ
湘南 13:00 C大阪 平塚
鳥栖 16:00 愛媛 鳥栖

仙台とヴェルディは渋いですね。
首位決戦で、お互いに勝ちたい意識が非常に強かったと思うが、その思いを抑えての引分でであれば、アビスパにとっては手強い相手となりそうだ。
勝つか負けるかという子供みたいなニッポンサッカー界も、確実に成長している。

アビスパも成長しているということを信じたい。
 2007年3月16日(金)新天地へ(アビスパ福岡に居たこともある太田恵介)
>元ザスパ草津のFW太田恵介が、米国のUnited Soccer League(USL)のミネソタ・サンダーに入団することが発表された。
>USLはメジャーリーグサッカー(MLS)の下に位置する独立リーグ。
>太田は60名ほど参加したトライアウトから最初に選ばれた選手となった。

>アモス・マギー監督は、「送られてきた履歴書からすでに楽しみにしていて、実際にプレーを見た瞬間に、チームが長年欲していた選手だとすぐに分かった。前線を任せられ、ほかの選手にチャンスを作り出すこともできる。トライアウトで最も高い戦術眼を持っていたし、チームへの合流が待ちきれない」と最高の賛辞を述べた。
(以上スポーツナビより)

ストライカーとして期待をされているとの事だ。
カントクの会話については眉唾臭い気もしますが、幸運は祈っています。
 2007年3月15日(木) 人(Jリーグのお偉いさん)の評価
ハヤシ君に対する制裁処置が発表された。
1、J-2の3試合出場停止(3/21、3/25、4/1)
2、サテライトの1試合出場停止(3/14)

4月1日の西京極には来れないんだ。
昨年の4月2日のワタシの声を覚えているかい?

試合終了後に挨拶しに来るアビスパイレブンであるが、応援の我々みんな声にならない。
ワタシが、
「ハヤシ、今度はシュートを打てよ! 期待しとるんぞ!」
「今度は勝てよ!」
で、一斉に拍手と叱咤激励の声が出だすアビスパゴール裏であった。

(偏狂AVISPA!の昨年4月2日サンガ戦の観戦記抜粋)

残念だ。
4月2日は愛媛FC(アウェー)とサテライトの試合が組まれている。
ココできっちりと試合観を取り戻して、次週のヴェルディ戦に備えて欲しいものです。
 2007年3月14日(水)人(サッカーマガジン誌)の評価
昨日発売された、恒例のサッカーマガジン誌である。
J-2ベスト11の発表が為されていたが、我がアビスパ福岡からはアレックス一人の選出という寂しい限りでした。
途中からの登場でしたが、ヒサナガが選出されていないとは、担当者のメガネに異を唱えたい。
もっとも、筆者のメガネはイロメガネの上に斜めからモノを見ているのでアテにはならない。

アビスパvsモンテディオを仕切ったカミサマの採点は、なんと「5.0」だった。

「唖然」
である。

主審部門の採点をJ-1からJ-2まで全てを見るが、同じく「5.0」が何人かいる。
こんなにカミサマの横暴ぶりで醜い試合が何試合もあったのだろうか。
もしもそうであれば、ニッポンのサッカー界の未来は寂しい。

以下余談。
ハヤシ・・。
2度もネットを揺らしながらもカミサマのワガママで取り消されたのは判る。
しかし、君の採点は「4.5」だぜ。
誌担当者のメガネに絶対性があるとは言わないが、あの行司審判よりも下の位置していることだけは忘れないで欲しい。
以前からの記事を紐解いてもらって構わないが、君が「電柱」呼ばわりされようとも、ワタシャ応援しているんだぜ。
 2007年3月11日(日)今日だけは大相撲!
朝青龍が負けた相撲だけは見逃したくない筆者です。

荒れる春場所と先人が言っているが、大関以上で白星をあげたのは魁皇だけである。 あっ、栃東もいた。

琴欧州、白鵬、千代大海、そして朝青龍と立て続けに初日が出なかった上位陣である。

八百長騒ぎで各力士に聞き取りまで行われた後だけに、
「やっぱりか!」
と思われても仕方が無いのに・・。
「フッフッフ!」
である。

まあ、ワタシは魁皇が、初日に初日が出たことに満足をしている。

明日以降も、ある意味楽しみな今場所だ。
 2007年3月10日(土)敵は相手ではなくカミサマであった・・。
残念ながら逆転はできなかったアビスパだった。

雨も冷たそうだったが、カミサマはもっと冷たかった。

しかし、アビスパは燃えているぜ!
 2007年3月9日(金)ハカタの森開幕!
明日は満員のスタジアムを期待しています。
 2007年3月6日(火)微妙なるJ-2ベスト11
「ところ変われば評価も変わる」
本日発売されたサッカーマガジン誌が選出するベスト11です。
昨年はJ-1を注目していたが、今年は訳あってJ-2をチェック。

我がアビスパからは、キョーヘイ、男ヌノベ、そしてハヤシの3人が選出されるという喜ばしい結果であった。(監督部門の1位もリティである。)
FW部門を良く見ると、ハヤシの評価「6.5」に対してタナカユースケは「7.0」とある。
チーム内事情なので目くじらを立てることは無い。
しかし、徳島の大島康明選手も「7.0」。
しかも、この選手は四国ダービー(徳島vs愛媛)を制した立役者であるらしく、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されている。
その選手が「その他大勢」と同じ扱いをされている。

徳島では最悪の週刊誌と報じられているかもしれない。

我々にはあまり関係ない話しである。
 2007年3月5日(月)アビスパ開幕宣言!
見事に春を食すことができたアビスパである。
ただし、あくまでも目標はJ-1復帰であり、それまではタダの通過点である。
しかも、相手がサガンだっただけに、勝った勝ったとはしゃいでも仕方が無い。

いかし、自然と口元が緩んでいる管理人である。
 2007年3月4日(日)アビスパの開幕!
いよいよ始まる2007年シーズンです。
そろそろオノボセさん達は博多駅から鳥栖スタジアムに向かっているころだろうか。
筆者は春を探しに行ってきました。
前原あたりは2月中旬には土筆が出てきただろうが、このあたりは例年4月中旬くらいにしか出てこない。
しかし、今年は相当に暖かい日が続いていたので、そろそろかと思って探してみました。
再来週にはボコボコに生えてきそうな感じですね。

アビスパにも春は来るのか!
楽しみです。
 2007年3月3日(土)「J」開幕! &ひな祭り
小僧さんのところから作品が返ってきた。
右の白いのは以前のもので、今回のは左側の茶色(土灰というらしい)の分。
お内裏様とお雛様風の夫婦湯飲みとは見えないだろうか。

男ばかりの我が家では雛祭りは絵にならないが、散らし寿司を肴にして酒が飲める。

レッズは最後の最後で昔フリューゲルスに引導を渡した。
我々アビスパとしては、開幕は明日である。
 2007年3月2日(金)「J」開幕!
3月4日(ワタシにとっては3日ではない)からいよいよ開幕である。

鳥栖、山形、仙台、水戸と3月が続く。
そして4月1日には、いよいよワタシが参戦できる西京極でのサンガ戦がある。

楽しみだね〜。

西スポによれば、相変わらずFW陣のことが書かれている。
しかし、周知の事であり、「なにを今更!」


◇偏狂管理人の独り言 2007年3月◇