×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2007年3月3日(日)プレミアリーグ 25週
リヴァプール(0−1)Man-United
前半戦は第5週(10月22日)に当たっていたカードです。
ScohlesとRioの得点だったですね。
ワタシの日記帳はこういう時に役に立つ。

リヴァプール(監督:ラファエル・ベニテス)
GK:25レイナ
DF:3フィナン、23キャラガー、5アゲル、6リーセ
MF:8スティーヴン・ジェラード(C)、14シャビ・アロンソ、22シソコ→(後34)15ピーター・クラウチ、11ゴンサレス→(後16)12ファビオ・アウレリオ
FW:18カイト、17ベラミー→(後24)16ペナント

Man-United(監督::未だ Sir alex Ferguson)
GK:1Van der Sar
DF:2Gary Neville(C)、5 Rio Ferdinand、15Nemanja Vidic、3Patrice Evra→(後18)27Mikael Silvestre
MF:7Cristiano Ronaldo、18Paul Scholes、16Michael Carrick、11Ryan Giggs
FW:17Henrik Larsson→(後22)9Louis Saha、8Wayne Rooney→(後29)22John O'Shea

休養たっぷりのNevvile登場。
ガンナーズやレッズを相手にする時には、やはりキャプテンの存在が重要である。

キックオフはMan-Uだったが、あっさりとボールを奪われて攻められる。
ファーストプレーがこの試合を占う。
立ち上がりに集中して、相手にペースを奪われないことが大事であると教えられるようです。

案の定Man-Uに覇気は無し。
このところえぐるようなサイドからの崩しが少なくなった。
しかし、Scohlesが大きくサイドをチェンジしながらペースを変えようと努力している。
やはりベテランは重要だ。

リヴァプールは中盤をシソコが制し、時にリーセの驚異的左足ミドルがMan-Uゴールを狙い、キャラガーがDF陣を崩していく。
前半の最後は、それこそ怒涛の攻めだった。
だが、ここで1点が遠かったことがリヴァプールには不運でした。

後半も試合の流れはレッズ。
右CKがPエリア外で待つリーセに。
そのままボレーでゴールを狙うと、微妙なバウンドをしてゴール正面を襲う。
FWがMan-UのCB2人の間に入り込んでシュートをすると、ネットは揺れたが判定はオフサイド。
リプレーでは完全にセーフであったが、アンフィールドで旗が上がったのだから仕方がなかろう。
カミサマはMan-Uに味方している。

完全に攻め込まれていた後半40分。
久々のMan-Uの攻めが押し返されるところで突然のがScohlesに出される。
アナウンサーも「This is What ?」である。
リプレーがすぐに流れると、Scohlesが後ろ向きにドリブルするところに、シャビ・アロンソがイランことをしているようだ。
振り向きざまに右フックを見舞おうとするScohlesであるが、残念ながら空振り。
しかし、主審は迷わずである。

このプレーでGiggsのアドレナリンが彷彿。
劣勢の中でのドリブルにレッズDFが2〜3人で囲むようにしてファール。

FKゲットである。

すでにロスタイムに入る。
キッカーはGiggsかC.Ronaldoか。
2人が左サイドのFK位置にいるが、走り始めたのはC.Ronaldoだった。
独特の無回転ボールがGK正面を襲う!
Sahaがからんでボールが跳ねたところにO'Sheaだった。
不恰好な姿勢でシュートを放つとボールはほとんど真上に上がるが、ゴールの天井に突き刺さってくれた。
得点の経験が少ないO'Sheaは、喜び方もぎこちなく新鮮である。
走り回って自陣に戻るが、一番喜んだのはSilvestreであった。
共に交代で入ってきた2人であり、純レギュラーから少しだけ外れているという連帯感があったのであろう。

Man-Uは貴重な勝点3をひろった。
ペナントレースを占う大一番となった。

Man-Uの視界は良好である。

偏狂ManU!