×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年8月16日(木)J-2 34節
アビスパ福岡(0−1)湘南ベルマーレ

生アビスパが負ける瞬間に、またまた立ち会った前節であっただけに、ホーム・ハカタの森ではキッチリと勝点「3」をあげてもらいものだ。

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:1神山竜一
DF:20山形辰徳、13柳楽智和→(後25)17川島真也、宮本亨
MF:10久藤清一(C)、 6布部陽功
   7宮崎光平→(後34)5長野聡
11田中佑昌、3アレックス、16久永辰徳
FW:9リンコン→(後26)35長谷川悠

湘南ベルマーレ(監督:菅野将晃)
GK:25金永基 DF:21尾亦弘、2斉藤俊秀、3ジャーン、30山口貴弘
MF:8坂本紘司、10アジエル、15北島義生、24過当望→(後31)14永里源気
FW:7エドワルド・マルケス→(後39)22松本昴聡、20原竜太→(後14)11石原直樹

なんと・・・。(このフレーズは前回も書いた・・)

やっぱりシュートを打つか打たないか。
これに尽きる。

前節サンガ戦で、左サイドがご乱心だったので、DFラインに若干の変更。
いつもなら右からヤマガタ弟・トオル・チェッコリであるが、今日はヤマガタ弟・ナギラ・トオルときた。
途中出場が続いていたナギラにとって、今日の試合は大一番である。
という意識が何処まであったのかな。

どちらかといえば押し気味、ポゼッションもアビスパ優勢の中に、ハラリュータに際どいところまで追い詰められた前半。
中盤の真ん中の位置から3枚並んだDFの間を縫うようにして飛び込んでいくFWに「混乱」状態に陥っていく。

0−0では勝ち点差を詰めていく事が出ないだけに、アビスパは点を取らなくてはならない。

後半途中までも0−0。
アビスパのカントクは、ヌノベをCBに下げて、ナギラを前目の位置に。
さらに、カワシマ・ハセガワユウという巨人気味を投入。
しかし、前半「混乱」状態を作ったハラリュータに代わって入った11番が・・。
これも完全にDFラインを崩されたもの。

アビスパピンチ!
カントクは、このところ着実に点を取っていたコーヘイを下げてまでナガノ投入。
入っていく選手もそれなりには使命感を持っているであろうが、なりふり構わぬパワープレーを押し付けるように試合を進めるカントクである。

ロスタイムは4分。
湘南DFは動じることなく次々にアビスパロングボールを跳ね返す。

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間にスカパー・テレビ桟敷をあとにした管理人には、その後のハカタの森での出来事は知らない。
日頃の予想は全く当らない管理人の予想であるが、スタジアムからは罵声やらなんやらが・・・。

昇格の文字が少し薄くなったアビスパである。
もう一度フンドシを締めなおすなど仕切りなおしをして出直しを図ってもらいたいものである。

偏狂AVISPA!