×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U! メンバー表(2007-2008)
2007-2008シーズンメンバー表
2006-2007シーズン 
登録 No.
Name
生年月日
身長体重
前所属
いろいろ
監督
Sir Alex Ferguson
1941/12/31
ウチの長男が生まれた年からこのチームの監督をしている。「Sir」の称号も受けたのであるから、そろそろごゆっくりされても良かろう。
スコットランド
GK
1
Edwin van der Sar
1970/10/29
197/84
Fulham
オランダ代表としても80キャップを超えているはず。手足の長さをフルに生かしてゴールマウスを守っているが、足技も意外に上手い。
オランダ
GK
29
Tomasz Kuszczak
1982/03/20
190/84
Hertha Berlin
名手Edwin van der Sarの陰に隠れているが、実はとんでもない実力の持ち主。年齢を考えると、コッチをメインにしたほうが良い、と思う管理人である。
ポーランド
GK
12
Ben Foster
1983/04/03
188/80
Stoke City
2005年にStoke Cityから移籍していたようだが、よくわからん・・。
イングランド
DF
2
Gary Neville
1975/02/18
178/72
生え抜き
チームでは三男坊。以前は「混乱」を持ち、Rooney以上にが多かったが、大人になった今では押しも押されぬキャプテンである。
イングランド
DF
6
Wes Brown
1979/10/13
185/77
アニキがをもらえば自分ももらうまで激しくプレイする。アニキがドレッドにすれば自分も真似るという舎弟的子分。兄貴役はRio・・・。
イングランド
DF
26
Phillip Bardsley
1985/06/28
180/73
CBでも右SBでもできるらしい。
イングランド
DF
5
Rio Ferdinand
1978/11/07
188/76
リーズ
無頼漢集団ヤング・リーズでアタマ役であった武闘派。今では舎弟Brownに鉄砲玉の役をさせている。ヤル気を出せば超一流DFだが、1年に5試合ほど全くヤル気の無い時があるという、けっしてキャプテンにはなれないタイプ。
イングランド
DF
19
Gerard Pique
1987/02/02
188/79
Barcelona
アーセナルとの獲得合戦に勝って、バルセロナの下部組織からひっぱって来たようだ。
スペイン
MF
23
Jonny Evans
1988/01/03
?/?
サンダーランド
昨年はキーオン・リチャードソンが付けていた番号だが・・。
北アイルランド
DF
22
John O'Shea
1981/04/30
190/75
アストンビラ
ボスRoy Keaneを崇拝してやまないナイスガイ。GK以外は何処でもできる器用さを持つ。
アイルランド
DF
15
Nemanja Vidic
1981/10/21
188/83
スパルタカス・モスクワ
元某サッカー誌編集長で、現在スカパー解説員K氏が酷評していた一人であるが、感情の起伏が激しいRioを陰で支える実力者である。
セルビア
DF
27
Mikael Silvestre
1977/08/09
183/86
O'Shea、Heinze、Evraと自分の位置する左SBの補強が続いた上に、CBに回ろうかとした矢先にVidicまで補充されるという不幸な男。ファー爺に嫌われているのではないかという疑心暗鬼状態に陥りヤル気が失せてしまった・・。
フランス
MF
28
Darron Gibson
1987/10/25
?/?
下部組織出身かな?
北アイルランド
DF
3
Patrice Evra
1981/05/15
172/68
ASモナコ
左サイドを駆け抜ける黒い弾丸。しかし、怪我に弱い・・。
フランス
DF
14
Gabriel Heinze
1978/04/19
178/78
バリャドリッド
ジャンプしてヒジを振り回すのだけはやめてもらいたい。ベビーフェイスだが、根はアルゼンチン人である。背番号が4から14になった。
アルゼンチン
MF
7
Cristiano Ronaldo
1985/02/05
184/75
スポルティング・リスボン
得意技は、「ドリブル」「無回転シュート」、そして「挑発!」を持つ。「我」の強さでは世界No.1である。
ポルトガル
MF
13
朴智星(Ji-Sung Park)
1981/02/25
178/70
PSV
なんと、サンガから世界に飛び出したヒディングの申し子。
コリア
MF
33
Chris Eagles
1985/11/19
182/68
PSV
昨シーズンは終盤に出場していたと記憶するが、2002年からチームには居た模様・・。
イングランド
MF
18
Paul Scholes
1974/11/16
170/70
生え抜き
Man-Uの次男坊としてチームを牽引するファイターである。得意技「ミドルシュート」
イングランド
MF
4
Owen Hargreaves
1981/ 01/20
180/73
Bayern Munich
3年越しの夢がかなってようやく合流。優男だが、イングランドとMan-Uを変えるこができるタフガイ。
カナダ生まれでドイツ育ちだが、イングランド
MF
24
Darren Fletcher
1984/02/01
183/83
生え抜き
正確な右足と優しい性格をもつナイスガイ。もう少し「乱暴」さを持つようになれば、大化けするかもしれない。
スコットランド
MF
16
Michael Carrick
1981/07/28
182/74
スパーズ
30億円という破格の値段でKeaneの「16番」をつけた期待のオトコ。だが、未だ「期待」だけに終わっている。得点力のある中盤に化けて欲しいと願ってやまない。
イングランド
MF
8
Luis de Abreu Anderson
1988/04/13
?/?
Porto
よくわからん・・。
ブラジル
MF
11
Ryan Giggs
1973/11/29
181/68
生え抜き
長男役として、「レッド・デビル」の魂を持つドリブラー。
ウェールズ
MF
17
Luis Carlos Nani
1986/11/17
175/66
なんやらC.Ronaldoと仲が良いようだ。
ポルトガル
MF
30
Lee Martin
1987/02/09
?/?
16歳のときにどっからか見つけてきたようだ。
イングランド
FW
10
Wayne Rooney
1985/10/24
178/78
エバートン
「挑発」にのることが数多くあるが、希代のプレイヤーに育つはずである。キャプテンマークをつけると能力値が二乗倍になるタイプであり、親分Keaneの役どころを継げる数少ないオトコである。今シーズンから10番・・。
イングランド
FW
9
Louis Saha
1978/08/08
184/75
フルハム
昨年まではルートの後塵を拝していたが、先発に起用されてからは大化けしたかのように得点を重ねている。C.Ronaldoがもう少し配慮あるパスを供給してくれれば、さらに得点が増すであろう。
フランス
FW
20
Ole Gunnar Solskjaer
1973/02/26
178/75
トレブルの生き残り。2年間の休憩の後、今シーズン見事に復活を果たす。Sahaがあまりにも好調なので出番は少ないが、必要とされる時が来るはずだ。
ノルウェー
FW
21
Fangzhuo Dong
1985/01/23
188/78
?
中国代表。
チャイナ
FW
32
Carlos Tevez
1984/02/05
171/75
ウェスト・ハム
気分が乗れば超がつく一流選手だが、性格と私生活はどうやろか。
アルゼンチン
FW
39
Fraizer Campbell
1987/09/13
?/?
?
?
?

偏狂ManU!