×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂Man-U!

 偏狂アビスパ!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2008年3月9日(日) プレミアリーグ27週
ダービー・カウンティ(0−1)Man-Utd
ダービーは最下位。
しかも、得失点差がマイナス49と、えらいことになっているらしい。

ダービー・カウンティ
GK:31キャロル
DF:2エドワーシー→(後11)17トッド、4マクエヴェリー、5リーコック、23ムーア
MF:7ジョーンズ、15ルイス、21ステリョフスキー→(後38)26ロベール、4サヴェジ
FW:10アーンショー(C)→(後32)9ビジャ、14ミラー

Man-United(監督::未だSir alex Ferguson)
GK:12Ben Foster
DF:22John O'Shea、2 Wes Brown、4 Nemanja Vidic、3 Patrice Evra
MF:13朴智星、8 Luis de Abreu Anderson→(後29)24 Darren Fletcher、18Paul Scohles→(後18)16Michael Carrick、11Ryan Giggs(C)
FW:10 Wayne Rooney、7 Cristiano Ronaldo

それにしてもよくはずした試合だった。
極東のシマグニ代表チームの如く、RooneyやらC.Ronaldoが立て続けにはずしていました。
Giggsもパスミスが多く、ヒイキのイロメガネをかけてもまずい試合だった。

後半30分に、O'Sheaのムゴイ(厳しい)縦パスによく追いついたRooneyがセンタリング、そこにC.Ronaldoがハーフボレーで上手くあわせて貴重な決勝点をもぎ取ることができた。

残り試合が10を切った大事なところでの勝点「3」はうれしいかぎりだが、万全の調子ではないようで、少し不安。

偏狂ManU!