×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂Man-U!

 偏狂アビスパ!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2008年1月31日(木)プレミアリーグ 21週
Man-Utd(2−0)ポーツマス
FAカップがあっていた模様で、久しぶりのプレミアリーグです。
現地は夜の8時から。コッチでは朝の5時が試合開始というので、私はすでに出勤の準備であり、残念ながらDVDのマキモドシ観戦です。
常にリアルタイムで、我がチームと時間だけは共有したい気持ちでいっぱいの管理人であるが、さすがに朝の「遅い」時間はつらい・・。

Man-United(監督::未だSir alex Ferguson)
GK:1Van der Sar
DF:6 Wes Brown、5 Rio Ferdinand(C)、15 Nemanja Vidic、3 Patrice Evra
MF:7 Cristiano Ronaldo★★→(後29)4 Owen Hargreaves、18 Paul Scohles→(後17)8 Luis de Abreu Anderson、16 Michael Carrick、17 Luis Carlos Nani
FW:13朴智星、10 Wayne Rooney→(後29)32 Carlos Teves

ポーツマス(監督:ハリー・レドナップ)
GK:1デイヴィッド・ジェイムス
DF:15シルヴァ・ディスタン→(後始)18アーノルド・ムヴェンバ、5グレン・ジェンソン、23ソル・キャンベル、16ノエ・バモラ
MF:4エタメ・マイヤー→(後始)7ヘルマン・ヘレイザルソン、6ラサナ・ディアッラ、19ニコ・クラニチェル、28ショーン・デイヴィス
FW:9ミラン・バロッシュ→(後34)22リチャード・ヒューズ、25ベンジャミン・ムワルワル

Giggsがいない。
が、Paul Scohlesが復帰した。
実に3ヶ月ぶりでしょうか?
ちょっとやせたかな・・。

キックオフはポーツマス。
このチームに、いつの間にかソル・キャンベルとミラン・バロッシュが加わっている。
ベンジャミンがよく点を取っているらしい。

10分。
朴智星がセンターライン付近でボールに絡んでMan-Uボールに。
拾ったC.RonaldoがNaniにバックパスをした瞬間、前へダッシュ。
NaniはダイレクトでDFの裏をとるロビングのボールを前へ。
同時セーフ的にオフサイドにならないタイミングでC.Ronaldoがボールを受けるとGKとワンonワン。
リーグ18点目をGKの股を抜いて、あっさりと先制点はMan-Uに。

さらに3分後にPエリアの5ヤードくらい外でFK。
RooneyとC.Ronaldoがなにやら打ち合わせ。
口だけジャンケンで負けたのか、Rooneyがボールから離れる。
勝った方のC.Ronaldoが、いつもより短い5歩くらいのステップでボールを蹴ると、一瞬でネットは揺れていた・・。
実に漫画チックに、「サイボーグ009」並みに、ボールが瞬間移動した感じでゴールに飛び込んでいた。
これだけで入場料分くらいの価値がある、銭の取れるプレーができる選手である。

ロスタイムの2分を入れるまでの、あとの80分は余興であった。

偏狂ManU!