×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2007年11月8日(木)UEFA-CL グループリーグF組 4戦目
Man-U(4−0)ディナモキエフ
国内リーグでは、さすがに首位アーセナルとは引き分けに終わったが、すこぶる好調のMan-Uです。
CLは3連勝で、今日にもトーナメント進出を決める事にもなる。
オールドトラッフォードは、試合開始前は少し空席があるが、徐々にイッパイになるであろう。

Man-United(監督::未だ Sir alex Ferguson)
GK:1Van der Sar(C)→(後始)29Tomasz Kuszczak
DF:25Danny Simpson、19Gerard Pique→(後28)23Jonny Evans、15 Nemanja Vidic(後C)、3Patrice Evra
MF:7 Cristiano Ronaldo、24Darren Fletcher、16Michael Carrick、17 Luis Carlos Nani
FW: 32 Carlos Teves→(後23)9Louis Saha、10 Wayne Rooney

ディナモキエフ(監督:サボー解任後オレフ・ルジニー)
GK:1シェフコフスキ(C)
DF:2フェドロフ、30エル・カドゥリ、4ギョアネ、3ディアハテ、81マルコヴィッチ
MF:20グセフ→(後始)15リンコン、7コレア、27バシュチュク、25ミレフスキ→(後31)10バングラ
FW:14ロダン→(後始)5レブロフ

Man-Uの顔ぶれを見ると、急激にチームが変革を遂げようとしているように思えますね。
CLのグループリーグ3連敗で、カントクもシーズン3人目という不調にあえぐディナモキエフが相手とはいえ、ココまでメンバーを変えていいのだろうか、と思えるほど。
キャプテンマークはGK。
右のSBとCBの一角はほとんど新人。
ディフェンシブハーフはある程度出ている2人とはいえ、FletcherとCarrick 。
SHのNaniとFWのTevezは今シーズン入ったばかり、しかも一人は19歳かな。

キックオフはMan-U。
ディナモキエフはほとんどワントップで、5人のDFに4人のMFでゴール前を固めている。
ところが、ファーストシュートはキエフ。
しかし、だんだんと尻すぼみ・・。

NaniとC.Ronaldoが、サイドを右に左に入れ替わりながら、そこにTevezやらRooneyがからんでいく。
セットプレーにはDivicとPiqueの両CBがゴール前を占領。C.Ronaldoも長身を駆使してヘッドでゴールを襲う。
そのセットプレーからPiqueに初ゴール。
さらに追加点はMan-U。
Tevszが中盤でインターセプトして、一気にゴールへ一直線。
一回三角パスを入れて、ボールを持ち直して突然シュート!
前半で2−0。

勝負はあらかたついた。

後半ディナモキエフは一気に2枚を代えて攻める姿勢を見せる。
Man-UはキャプテンGKがお役ごめん。

流れは変わらない・・。
C.RonaldoとRooneyがそれぞれ1点ずつ加点して4得点。
今シーズンは「4得点」の試合が非常に多いMan-Uです。
「今シーズンの4得点試合はいくつあるか?」というキャンペーン的催しを企画するのも一興かな。

偏狂ManU!