×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2007年10月6日(土)プレミアリーグ 9週
アストンビラ(1−4)Man-Utd

現地では土曜日のお昼過ぎ、てとことかな。
今日の相手は、1878年創立という歴史ある我がMan-Uよりも、さらに3年の歴史を持つ名門アストンビラです。
ビラパークは超満員の様子。

アストンビラ
GK:22カーソン
DF:3パウマ、4メルベリ、5ラウルセン、16ナイト→(後23)13タイラー
MF:6バリー、7ヤング、20レオ・コーカー■■、26ガードナー→(後9)27オズボーン
FW:8ムーア→(後9)28マロリー、11アグボンラー

Man-United(監督::未だ Sir alex Ferguson)
GK:1Van der Sar
DF:19 Gerard Pique、5 Rio Ferdinand、15 Nemanja Vidic、3 Patrice Evra
MF:8 Luis de Abreu Anderson、、18 Paul Scohles→(前32)22John O'Shea、11 Ryan Giggs(C)→(後32)7 Cristiano Ronaldo、17 Luis Carlos Nani
FW:32 Carlos Teves →(後27)24Darren Fletcher、10 Wayne Rooney★★

「超名門」の方が早々に先取点・・。

しかし、今日はRooneyが好調。
前半の30分過ぎから立て続けに2点。
さらに、前半のロスタイムのCKから、Rioがキックミス的なシュートが決まる。

絵に描いたような逆転劇である。
アビスパとは違う・・。

後半は、まず一人退場。
TevesがGKを抜き去ろうとしたところに後方から足払い的なタックルを受けて、ムコウのGKがイッパツ

Rooneyがハットトリックを狙うが、PKを外したのはご愛嬌。

Giggsの耐えたドリブルからファインシュートが決まり4点目。

Man-Uは好調である。

偏狂ManU!