×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2007年5月14日(月)プレミアリーグ 最終週
Man-United(0−1)ウェストハム

優勝は決まったとはいえ、ホームで有終の美を飾らなければならない。
対するウェストハムは、降格争いの真っ最中であり、手負いの獅子状態であった。

Man-United(監督::未だ Sir alex Ferguson)
GK:1Van der Sar
DF:22 John O'Shea、6 Wes Brown、4 Gabriel Heinze(C)、3Patrice Evra→(後13)11Ryan Giggs
MF:20 Ole Gunnar Solskjaer、24 Darren Fletcher、16 Michael Carrick→(後13)18Paul Scohles、23Kieran Richardson
FW:8 Wayne Rooney、14Alan Smith→(後13)7Cristiano Ronaldo

ウェストハム
GK:21グリーン
DF:2ニール、5ファーディナンド弟、6マッカートニー→(前28)18スペクター、19コリンズ
MF:15ベン・アユン、20レオ・コーカー、22ボア・モルテ、24ノーブル
FW:25ザモラ→(後18)10ヘアウッド、32テベス→(後37)17マリンズ

降りしきる雨であるが、オールドトラッフォードは超満員の様子。
Giggs、Scohles、C.Ronaldoが出ていないとはいえ、RooneyやOleの姿はある。

前半からほとんどワンサイドゲームだった
が、
なんと、
ハーフタイム直前のロスタイムにテヴェスが・・。

後半早々にファー爺は3枚替え。
一度期にGiggs、Scohles、C.Ronaldoの面々を投入するが、GKの好守備やらツキに恵まれてネットは揺れない。

ウェストハムは歓喜の試合終了。
Footballにはドラマがあるのを再確認させられた。

これだけの気迫を見せられれば、仕方が無い。

今シーズンのプレミアリーグは終わった。
あとはFAカップの獲得のみに集中である。

偏狂ManU!