×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2007年4月25日(水)CL-準決勝 第1レグ
Man-Utd(3−2)ACミラン

いよいよあと3試合で頂点を極める事ができる。
はず。
しかし、ココに来てケガ人が多発しているMan-Uである。

今日の相手は、幾年か前に頂点をココで極めたACミランだ。

Man-United(監督::未だ Sir alex Ferguson)
GK:1 Van der Sar
DF:22 John O'Shea、6 Wes Brown、4 Gabriel Heinze、3 Patrice Evra
MF:24 Darren Fletcher、16 Michael Carrick、18 Paul Scohles
FW:7 Cristiano Ronaldo、8 Wayne Rooney★★、11 Ryan Giggs(C)

ACミラン(監督:アンチェロッティ)
GK:1ジダ
DF:44オッド、13ネスタ、3マルディーニ(C)→(後始)25ボネーラ、18ヤンクロフスキ
MF:8ガトゥーゾ→(後8)32ブロッキ、21ピルロ、10セードルフ
22Kaka'★★
FW:11ジラルディーノ→(後39)20グルクフ

のっけから驚かされる。
Vidicに続いてRioも戦線離脱だ。
CBがBrownとHeinzeかあ・・。

「これはマズイ!」
と管理人が心配をすると、それがまたはずれるのだから悲しいやら嬉しいやら。

キックオフはACミランだったが、すぐに攻撃開始。
GiggsのCKにC.Ronaldoが強烈ヘッド!
GKジダがかろうじてはじいたところに、私が守備で心配をしたHeinzeにムコウの11番とGKジダがなだれ込んでいく。
ジダはもう一度手に当てるのであるが、Man-Uサポの気持ちが込められたボールはゴールの中に飛び込んで行った。

Man-U先制!
まだ第1レグであるが、ファイナル進出がぐっと近づいたような感じにさせるではないか。

「中盤を制する者が試合を制す」
の言葉どおりに、Man-Uが優勢に試合を進める。
追加点は時間の問題である。

と管理人が思えばカミサマの鉄槌が再び・・。

攻めていたはずのMan-Uであるが、ゴールキックからガトゥーゾ、セードルフ、そしてKaka'とボールが渡る。
Kaka'は右足のワントラップでHeinzeを振り切りながら、セカンドタッチで逆サイドにボールを流し込んで同点。
中盤を吹っ飛ばして、「戦術は個人技」の典型であった。

一気にトーンダウンするオールドトラッフォードである。

さらに15分後。
今度はGKジダのキックがそのまま前線のKaka'へ。
さらに中盤を吹っ飛ばして、一気にゴールへと迫った。
ワントラップでBrownとHeinzeを振り切り、浮いたボールを頭でプッシュしてHeinzeとEvraを振り切ると、あとはGK一人だけ。
完全にKaka'の独壇場である。
ミラン逆転・・・。

前半のうちに逆転され、さらにEvraが累積をもらう。
次の試合ではO'sheaを左SBにして、右SBにFletcherか。
Rooneyに任せるのも一興かな。

後半開始に先立ちミランのマルディーニ戦線離脱。
管理人が常々指摘するキャプテンの離脱だ。
「信じられなーい!」
的に、
明快に説明は出来ないが、とにかく「チャンス!」と思いたい管理人である。

しかし、劣勢であった・・。
ところがココに一人英雄が現れる。
Fletcher!!

ものすごい形相でボールと相手を追っかけまわし、必死に「流れ」を引き寄せようとしている。
初めての発見である。

そのFletcherが起点となって同点!
Pエリアその側10ヤードくらいにいるScohlesに縦パスを出した瞬間に、Scohlesの左側を目掛けて爆発ダッシュ!
鬼の形相にあの爆発ダッシュをされれば、ミランのDF陣は当然ながらFletcherを注目しなければならなかった。
受けたScohlesも走るFletcherをそりゃ見るわな。
Scohlesも見るのだから、ミランはDFだけでなく、みんな見ていたかもしれない。
しかしScohlesは老獪だった。
体は左を見ながらも、右足のアウトサイドで右斜め前方のRooneyへパスを出す。
受けたRooneyも上手かったが、Fletcherの健気さにScohlesの老獪さが加わった味のあるコンビプレーでRooneyまでボールが回った。
Rooneyは技ありのトラップから殊勲の同点ゴール!

しかし、このままではミランの絶対有利は変わらない。
ロスタイム、ドラマは起きた。

Rooneyである。
今度はGiggsからのボールを上手く抜け出してジダのニアサイドを打ち抜いた。

3−2。
微妙なスコアで第1レグは終わった。
心配はDFをどう組むかである。

努力及び敢闘賞:Fletcher!!
ついでに、殊勲賞も彼にあげちゃおう。

偏狂ManU!