×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年12月1日(土)J-2最終日。
アビスパ福岡(1−3)サガン鳥栖
順位は関係ないが、燃える試合を最後に持ってきてくれた関係者に座布団1枚!

「5号線ダービー」において、ココまで1勝2敗。
「イナカモン」とか「飛べない奴は・・」とか揶揄している場合ではない。
聖地ハカタの森で、きっちりと五分の成績に戻さなくてはならないところである。

燃えるハカタの森であろうが、ヘタレ管理人はテレビ桟敷である。

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:神山竜一
DF:2宮本亨、5長野聡、13柳楽智和、17川島真也
MF:11田中佑昌、20山形辰徳→(後36)29宇野沢祐次、10久藤清一(C)、16久永辰徳■■
FW:3アレックス、19林祐征→(後26)35長谷川悠

サガン鳥栖(監督:岸野靖之)
GK:12赤星拓
DF:16高地系治、4吉田恵、5飯尾和也、29日高拓磨
MF:23衛藤裕、14高橋義希→(後15)7山口貴之、28野崎陽介、30レオナルド→(後44)15鉄戸裕史
FW:9金信泳、32サントス→(後25)18広瀬浩二

移籍の話があったアレックスは本決まり。
ハヤシも戦力外通告をされたという。
プロであればいつかは来る、とは言え、やはり感慨深いものがある。
移籍先がある選手は良いが、ただ単に戦力外と通告をされた選手はつらいものがある。
しかし先日の日経新聞に、カズのコメントがあった。
「戦力外を通告をされた選手にも、自分を見つめなおさなくてはならない。」

試合に目を向けよう。

キックオフは鳥栖。
1分でファーストシュートは鳥栖。
ムコウも必死である。

アビスパは早い時期からまたまたFWナガノ・・・。
たいがいで止めんかねこんなこと。

アグレッシブなムコウが前線からのチェックでアビスパピンチ。
後追いの体勢からPエリア内でファール。
23番のシュミレーション臭いとこもあるが、Pエリア内で安易なことはいかん。
それよりも、その前に簡単に取られたのがいかん。

PKで先取点は鳥栖。
まだ前半11分である。

さらにアレックスイッパツ退場
2連続ヒジウチの場面をしっかり見られての結果である。
激昂するアレックス。
前後になんかあったかもしれんが、自業自得である。

さらに、さらにヒサナガ2連続ゲット。
アグレッシブは良いが、空回りである・・。
である。
まだ前半35分!!

9人という野球チームになったアビスパであった。
前半はそれでもアグレッシブに攻めていた。

後半早々失点・・。
試合が崩れかける。
それでも踏ん張った。

FKから1点を返したのが後半35分。

しかし、終了間際に追加点は鳥栖。
決めた選手も契約解除が決まっているらしい。
ムコウとすれば目頭が熱くなるほどの1点である。

アビスパの2007年は終わった。
来年も終わっている、とならないような納会を迎えてもらいたいものだ。

偏狂AVISPA!