×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年11月18日(日)J-2 50節
アビスパ福岡(2−0)徳島ヴォルティス
非常に寒い中での試合だった前節だが、比較にならないくらい寒い日となった。
各地で木枯らし1号が確認されたようだが、ハカタの森も真冬状態だったようです。

アビスパ福岡(カントク:未だリティ・・)
GK:1神山竜一
DF:20山形辰徳、13柳楽智和、、5長野聡、8チェッコリ→(後30)2宮本亨
MF:18山形恭平→(後43)7宮崎光平、15城後寿、6布部陽功(C)、16久永辰徳
FW:3アレックス、9リンコン→(後38)11田中佑昌

セレッソ大阪(カントク:今井さん) GK:30鈴木正人
DF:32塩川岳人、6西河翔吾、7アンドレ、4青葉幸洋
MF:11片岡功二→(後15)14石田祐樹、8ダ・シウヴァ、16挽地祐哉、31熊林親吾 →(後26)3石川裕司
FW:33長谷川太郎→(後始)25大島康明、34阿部祐太郎

9000人とはよく集まったものだ。

久しぶりにナギラが先発。
立ち上がりに大きなパスが前線に渡る。
ジョーゴが惜しくも外したが、ナギラの大きな展開力を久しぶりに見ることができた。

2点ともヒサナガの演出から決まった。(2点目はPKゲット)
リンコンとアレックスが久しぶりにそろい踏みだった。

しかし、後半の立ち上がりに阿部祐太郎がゴールに迫ったシーンで、2回ともチャンスをものにしていたら、試合はどう転んだか分からない。
さらに阿部祐太郎がポストを強烈に叩くシーンがあったが、徳島にカミサマは味方しなかった。

残り試合はあと二つ。
最後はサガン鳥栖戦だ。
ココが今シーズンの最大の見せ場になってしまいましたね。

偏狂AVISPA!