×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年9月2日(日)J-2 35節
サガン鳥栖(3−1)アビスパ福岡

いつの頃からか「九州ダービー」と銘打つようになった両チームである。
しかし、大分トリーニタやロッソ熊本、はたまたブルーウェーブなんたらやら九州にはいくつものチームが存在する。
たんびたんびに「九州ダービー」と大きな枠でくくるのは如何なものだろうか。

ハカタと鳥栖を結ぶにはいくつかの道がある。
ひとつは三瀬峠を越えるルートであるが、これは鳥栖よりも佐賀陸上競技場(佐賀市)に直接ぶつかっちゃう。
一番早く行くには高速道路にのって、一気に鳥栖にはいる方法。
しかし地元の人は、通称「5号線」と呼ばれる筑紫野バイパスを抜けるのがもっともポピュラーな方法ではなかろうか。

となれば、「5号線ダービー」とか、「筑紫野ダービー」と呼ぶほうがわかりやすいかもしれない。

サガン鳥栖(監督:岸野靖之)
GK:12赤星拓
DF:15鉄戸裕史→(後30)4吉田恵、29日高拓磨、5飯尾和也、37柴小屋雄一
MF:24清水康也→(後19)28野崎陽介、6村主博正→(後始)23衛藤裕、14高橋義希、16高地系治
FW: 9金信泳、25藤田祥史

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:1神山竜一
DF:20山形辰徳、5長野聡、2 宮本亨、8 チェッコリ
MF:10久藤清一(C)→(後32)17川島真也、 6布部陽功
   7宮崎光平→(後23)18 山形恭平、3アレックス、16久永辰徳→(後12)9リンコン
FW: 35長谷川悠
ベンチ:柳楽智和

開始早々にが2枚鳥栖に。
気合の証拠か、鳥栖がアビスパゴールに迫る。
しかし、シュートまでは至らず。
流れを打開したのはクドウの速い横パスを受けたアレックス。
強引気味だが、やはり「シュートを打つ」という行為は全てを変える。

ここらへんからアビスパが徐々に押し込んでいく。
そして15番がPエリア付近でファール。

しかし・・。
これがすべてであった。
主審「ナベシマ氏」が選択したのは、「単なるファール」。
ワタシはヒイキ目で見ているので、当然ながらと見る。
15番は2枚目のとなり、当然で退場だった。

さらに、左タッチライン際からFK。
ナガノの頭にドンピシャ、そしてネットが揺れた。
しかし、ゴールインは認めない。
「ナベシマ氏」の判断である。

もう一度サガン鳥栖のネットが揺れた。
主審「ナベシマ氏」の判断はノーゴール。

主審の判断が流れを変える。

復帰した左サイドDFチェッコリさんのパスミスから・・。

前半終了時のスコアは1−0でサガン鳥栖リード。

後半は、やらイッパツが飛び交い、果てはベンチにいるナギラにまでイッパツの退場である。

後半途中までのスコアは3−0。
最後にヌノベが意地のイッパツで3−1。

「ナベシマ氏」の判断である。

「ナベシマ氏」とあるので、由緒ある家柄の「鍋島家」にゆかりのある人かもしれない。

「鍋島家」と鳥栖の関係は知らない。

どっちにしても、今シーズンの「5号線ダービー」では勝ち越しは無くなった。

偏狂AVISPA!