×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年8月16日(木)J-2 34節
アビスパ福岡(3−0)モンテディオ山形

ヴェルディとサンガが直接対決となりお互いが削り合いをしているだけに、アビスパとしてはキッチリ勝点「3」をゲットしたいところですね。

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:1神山竜一
DF:20山形辰徳、2宮本亨、8チェッコリ
MF:10久藤清一(C)、 6布部陽功
   7宮崎光平
11田中佑昌→(後31)18山形恭平、3アレックス、16久永辰徳→(後31)13柳楽智和
FW:9リンコン★★→(後34)19林祐征

モンテディオ山形(監督:樋口靖洋)
GK:1清水健太
DF:13石川竜也、3レオナルド、4小原章吾、29須田興輔
MF:8本橋竜也→(後11)7宮沢克行、10財前宣之→(後24)14林晃平、16臼井幸平、19秋葉勝
FW:9横山拓也→(後31)31グスタボ、20根本亮助

アビスパのシステムはどんな感じなのでしょうかね。
3−2−4−1。
3−2−1−3−1。
3−2−3−1−1。 アレックスとコーヘイが微妙に中央からどこへでも顔を出すシステムでしょうか。

ベテラン2人(クドウ、ヌノベ)が一緒にピッチに立つと、どうも調子がイマイチのアビスパなので、ちょっと心配。

立ち上がりからアグレッシブなのはモンテディオ。
9番、20番と2人のFWが立て続けにシュート。
大事には至らなかったが、今のアビスパに欠けるのはそういうなりふり構わない迫力。

と批判的な心理状態でゲームに入る管理人であったが、早々にリンコンがPKゲット!
Pエリアギリギリの位置であっただけに、モンテディオには若干厳しい判定か。
PKキッカーのアレックスは、キッチリと決めて先取点はアビスパ。

しかしモンテディオは、反撃の勇気を与えるが如く8番が強引にシュートを放つ。
劣勢にある時に、チームにこういった「鼓舞」が出来る男は必要ですね。

これに対してアビスパは、いつもならショートパスが目立つのであるが、この日はそれにプラスしてドリブルがあった。
アレックスとコーヘイが中央を切り裂くドリブルを見せてくれる。
この酷暑の中で、ドリブルという3倍の体力を消耗するプレーを惜しげも無く出してくれている。
サイドプレーヤーである右のタナカユースケ、左のヒサナガもそれに触発されたようにドリブル開始。
やっぱりドリブラーは魅力がありますね。

後半早々、そのドリブラーの一人であるタナカユースケからリンコンにボールが渡る。
左のインサイドでキッチリ決めて追加点。
さらにアレックスからリンコン!

ワタシが懸念するベテランは2人とも最後まで走っていた。
イロメガネ管理人が指摘をすると、いつも裏切られたように事は進む。
ヨシヨシ、
である。

さらにハヤシ!
2得点のリンコンに代わって入ってきた。
デキン子ほどかわいいという言葉があるが、点が取れないFWであるが、管理人は昔からこのオトコを応援している。
今日も必死の形相でボールを追っているようだが、残念ながら結果は出なかった。
しかし、次には期待している。

よその結果が気になる。
ヴェルディとサンガが引き分け。
仙台は草津と引き分け。
えっ、
首位札幌は湘南に●。

フッフッフ、
である。

偏狂AVISPA!