×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年7月11日(水)J-2 27節
コンサドーレ札幌(2−1)アビスパ福岡

上位を狙うには上を食わなくてはならない。
首位コンサを引き摺り下ろす為にも、直接対決という絶好のシチュエーションであった。
はずである・・・。

コンサドーレ札幌(監督:三浦俊也)
GK:28木貴弘
DF:6西嶋弘之、3西沢淳二、4曽田雄志、15ブルーノ・アクロス
MF:16大恊^司、17カウエ→(21)21金子勇樹、18芳賀博信、29西谷正也→(後45)5池内友彦
FW:10ダビ、13中山元気→(後32)9石井謙伍

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:1神山竜一
DF:32柴村直弥→(後38)22中村北斗、2宮本亨、5長野聡、8チェッコリ
MF:6布部陽功→(後39)18山形恭平、10久藤清一
  11田中佑昌、3アレックス、16久永辰徳
FW:9リンコン

1、前線からのチェック。
2、ほとんどカウンター狙いだが、めげずに突破を図ろうとするアグレッシブなFW。
3、出し手であるニシタニの自由な発想。
4、しかし、それを阻止するべく手立ての無い中盤。
5、落ちない運動量。

完全に負けている。

相撲の世界に「番付が力をつける」とあるが、首位を張っているチームにはそれなりの理由があるようだ。
いつまでも「俺はJ−2にいるチームではない」「J−2屈指の破壊力!」などなど言っている場合ではない。
今の位置にいる事実を認める謙虚さと、其処から打開するべく対策を図らなくては上のチームには追いつけない。 今日の結果で上が又増えた。
コンサ、サンガ、仙台、ヴェルディ。

試合数があるのが救いだ。
期待はしています。

偏狂AVISPA!