×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年6月23日(土)J-2 23節
モンテディオ山形(1−2)アビスパ福岡

両チーム共に第1クールは成功だった。
5位と6位ということは、両チーム共に第2クールはどうしたんだ状態である。

モンテディオ山形
GK:1清水健太
DF:13石川竜也、3レオナルド、4小原省吾→(後28)6佐々木勇人、29須田興輔
MF:7宮沢克行、18木藤健太→(前35)5渡辺匠、19秋葉勝、10財前宣之
FW:11豊田陽平、26北村知隆→(後15)9横山拓也

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:1神山竜一
DF:20山形辰則→(後41)32柴村直弥、2宮本亨、17川島眞也→(後33)5長野聡、8チェッコリ
MF:6布部陽功、10久藤清一
   11田中佑昌→(後44)18山形恭平、3アレックス、16久永辰徳
FW:9リンコン

当日アビスパ山形へ、ワタシは個人的都合がつかず、一路博多へ向かっていた。

翌24日にビデオで試合を確認するが、両チームともに調子は良くないようだ。

オールドレフティ・チェッコリが12試合ぶりに復帰。
おかげでヒサナガを前目の位置で使える。

1点目はドリブラーのFKゲットから。
タナカユースケがコボレダマをシュートして、ボールはレオナルドを経由して微妙な放物線でゴールへ吸い込まれていった。

2点目はリンコン・アレックスのシンクロされたプレーで生まれる。

得点シーンはどちらも◎だ。

失点シーンは21節の仙台戦を髣髴させる。
アビスパから見て右サイドから中央にボールを送られて、CBを通り越して向こう側(左サイド)まで流れたところを詰められている。
(今回はザイゼン君が起点、得点は裏から走りこんできた 学習をしなくてはならない。

偏狂AVISPA!