×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂AVISPA!  2007年6月2日(土)J-2 19節
アビスパ福岡(2−1)ヴォルテス徳島

さて・・。

アビスパ福岡(監督:リティ)
GK:1神山竜一
DF:2宮本亨、5長野聡、17川島眞也、20山形辰徳
MF:6布部陽功、10久藤清一
   16久永辰徳→(後17)11田中佑昌、3アレックス→(後44)33鈴木淳、14古賀誠史→(後30)18山形恭平
FW:9リンコン

ヴォルテス徳島(監督:今井雅隆)
GK:30鈴木正人
DF:4青葉幸洋、6西川翔吾、17丹羽大輝
MF:8ダ・シウヴァ、19岡本竜之介→(後27)23天羽良輔、24小山拓土、32塩川岳人
FW:9小林康剛→(後10)16挽地祐哉、10クレベルソン→(前23)14石田祐樹、18羽地登志晃(C)

早々から攻めるアビスパである。
ヒサナガの惜しいシュートが決まっていれば、
普通なら楽な試合になるところであるが、逆転負けが多い今のアビスパにとっては、外れて良かったのかもしれない。

しかし、すぐに危ない場面!
またもやDFの裏を突かれて誰かがGKとワンonワンになるが、守護神的カミヤマの気合で事なきを得る。

ずっと攻めるアビスパであるが、なんなく失点・・・・。

0−1。

久々の先発コガ弟の小学生にありがちなシュートで同点!
1−1。

フッフッフ。

今日はアビスパにカミサマが味方してくれているようだ。

後半にまたまた選手交代をするリティ。
今日は交代選手が結果を出してくれた。
キョーヘイである。
結果的に素晴らしいシザース・ボレーで逆転のアビスパであった!

1−2。

第2クール初勝利!!


フッフッフの2乗である。


余談
喜んでばかりはいられない。
なんでこんなに失点するの?!(危ない場面も含めて!)
カミヤマにツキがなければ、さらに1〜2失点してもおかしくない状況でしたね。

まだまだ長丁場のJ-2 だけに、上を目指す為にも頑張ってもらいたい課題の修正である。

偏狂AVISPA!