×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2006年12月17日(日) プレミアリーグ16週
ウェストハム(1−0)Man-United
降格圏内に位置するウェストハムは、この試合から新監督としてAlan Curbishleyという前チャールトンの監督だった人が指揮をするとのこと。
選手時代にはウェストハムでもプレイをしていたというので、お家の一大事に駆けつけた忠義のある人なのだろう。

ウェストハム(新監督:Alan Curbishley)
GK:21グリーン
DF:3コンチェスキ-、5アントン・ファーディナンド(Rioの弟)、18スペクター、19コリンズ
MF:29ボウヤー、11エセリングトン→(後33)6マッカートニー、17マリンズ→(後25)15ベン・アユン、20レオ・コーカー(C)
FW:10ヘアウッド、25ザモラ→(後14)8 Teddy Sheringham

Man-United(監督::未だ Sir alex Ferguson)
GK:1Van der Sar
DF:2Gary Neville(C)、5Rio Ferdinand、15Nemanja Vidic、4Gabriel Heinze→(後 42)13 Ji-Sung Park
MF:7Cristiano Ronaldo、18Paul Scholes、16Michael Carrick →(後39)JohnO'Shea 、11Ryan Giggs→(後28)20Ole Gunnar Solskjaer
FW:9Louis Saha、8Wayne Rooney

解説によるとCarrickとRioはハマーズのアカデミー出身らしい。
アップトンパークに集まる方々はどういう心理状態なのでしょうか。
印象だけでは、良い人Carrickには温かい声援、悪役Rioにはブーイング・・・。
しかし、悪役には弟が存在するだけに、どんなんでしょうか。

Man-Uのベンチ奥にHenrik Larssonの姿が見える。
噂されていた移籍は現実になったのでしょう。
先発は不動。
金属疲労が心配される。

開始早々にC.Ronaldoが光速ドリブルで縦に引き裂く。
中央から右サイドにはるRooney、Rooneyから中央へアーリークロス気味にセンタリング、飛び込むのはGiggs!
シュートはわずかにポストをかすめていくが、首位を必ずキープさせる為の意気込みを感じさせる。

が・・・。

である。

ココまで17試合を得点「10」と、某リーグのアビスパ並に得点力不足に泣き、順位も降格ゾーンという苦境にあるハマーズだったはずのこのチームが、まるで話しが違うではないか!
中盤でキャプテン、DFラインでRio弟、そしてなによりGKがスゴイ。
アビスパのミズタニの如く、次々にMan-Uのシュートを阻む。しかも、ハンブルは「ゼロ」という完璧ぶりであった。
アビスパと同じく、自陣ゴール前は「蜂の巣状態」であるが、すべてのシュートを全員で守っている。
しかし、新カントクがまるで違った。

某カワカツ氏は、ゲーム中ほぼベンチに座って、「戦況を眺めていた」だけだった。
ところがチームへの忠義心にあふれているAlan Curbishley氏は、常にアグレッシブであった。
彼の血は、ハマーズ色のエンジ色なのであろう。

チームに対する熱い思いが、チームメイトにどう伝わるか?!
チームの指揮官に対して、チームメイトがどう考えて、どう動くか?!
そしてそのチームを支えるサポーターの思いが熱く燃えておれば、チームは劇的に変革するのである。

熱血漢Alan Curbishleyは後半途中にTeddy Sheringham投入。
元Man-Uの英雄を投入する事で、Man-Uとファー爺に心理的揺さぶりをかける。
実際ココからハマーズの攻撃回数が増えてきた。

Teddyのゲットのガッツが、さらにチームを覚醒させる。
直後の右からの崩し(またもやHeinze側をつかれたMan-Uであった)に、最後にキャプテンが飛び込んで、なんと先制点はハマーズであった。

ファー爺も次々にカードを切るが、すべてにハマーズはアグレッシブであった。

ロスタイムは「4分」。
カミサマは、熱き指揮官Alan Curbishleyを支持した。
カントク人事がここまではまれば、応援するサポーターは幸せモノである。

あ〜〜。
我がチームアビスパ・・。
イカンいかん!
ココは「偏狂Man-U」のコーナーである。

あっ、
Man-Uもヤバイじゃないか・・・。

偏狂ManU!