×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2006年3月13日(月) プレミア 26週
Man-U(2−0)ニューカッスル

チャンピオンズリーグで気がつかなかったが、今週火曜日くらいにひとつ試合をこなしていたMan-Uであった。
相手はカーリング杯でカップを取り合ったウィガン。
アウェーで危ない試合だったらしいが、運良くモノにしていたようです。

現地は12日午後2時半。
本来なら日曜日の昼下がりで季節は3月ともなれば、ほんわかな日差しでゆっくりとした時間を過ごす感じであろう。
しかし、今日のオールドトラッフォードは気温0度、ミゾレ交じりの雨が降っている。
ブリテン島はまだまだ厳しい季節が続いている。

Man-U(監督::未だファーガソン)
GK:ファン・デル・サール
DF:2G.ネヴィル、リオ・ファーディナンド、ウェズ・ブラウン、ミカエル・シルヴェストル→(後始)エヴラ
MF: 7C.ロナウド→(後31)10ルート・ファン・ニステルロイ、22ジョン・オシェイ、11R.Giggs、13朴智星
FW:8W.Rooney★★、9ルイ・サハ

ニューカッスル(監督:グレン・ルーダー)
GK:1ギヴン
DF:26ラメージ、3エリオット、6ブンソン、33ババヤロ
MF:14ヌゾグビア→(後36)20ルケ、4ソラノ→(後20)8キーオン・ダイアー、5ベロゾール、17パーカー
FW:9アラン・シアラー(C)、23アメオビ→(後始)11ボウヤー

監督が代わってから4勝1分けとすこぶる好調らしいニューカッスル。
監督交代などあと10年はないのではないかというMan-Uにとっては、少しだけうらやましい感じもします。

このくそ寒い今日のゲームに、両チームキャプテンは共に半袖である・・。

本日のMan-Uの布陣は・・。
DFラインはこのところ不動の4人。
ボランチはいつもの如くGiggsとオシェイ。
チェルシーとかUEFAクラスのチームには限界があるようですが、中堅どころ以下のチームには大丈夫の様子。
好調C.ロナウドと朴智星が両翼。
Rooneyをフリーマン的に自由にさせて、トップにはサハが陣取っている。
「ルートはどこだ!」
ベンチにいた。
カーリング杯決勝でもそうだったが、ようやくこのオランダ人に見切りをつけてくれたようですね。

注目はRooneyとC.ロナウドですね。
特に、ロナウドは玉離れは早くなっており実にポイントになる動きをしてくれる。
それと特有のブレ玉FKも見てみたいものだ。

ファーストシュートはRooney。
ケンカも同じだが、最初の一発は挨拶代わりで強引でも良い。

アグレッシブなRooneyはすぐにオフサイド。
何を血迷ったか、左サイド(パク・チソン側サイド)タッチライン際にボールがあるのに、一直線でPエリアに向かっている。
DFラインから15〜20ヤードはすでにフライング。
案の定ボールは送られるが、確定的なオフサイドであった。
しかし、Rooneyはかまわずボールを追っかけてGKの頭越しにファイン・シュート・・。
「またかい!」
と管理人はネムタマナコで見ていたが、主審はゴールを告げるホイッスル。
「ホーム・アドバンテージもココまできたか!」
とヒイキにしているワタシでもウシロメタイ気持ちに襲われたが、テレビ画面は右SBのラメージをドアップにしている。
バックパスだった。

「さすがRooney!!」
管理人は勝手である。

右サイドにボールが渡った時に、Man-Uの誰かが2人(多分パクとGiggsであろうが)プレッシャーに入った瞬間に、GKへのバックパスを予測していたようです。
「忍者サスケの如く忍び寄り仕事をこなす」
センスと勘の良さを証明するプレーであり、管理人のアサハカサも証明した・・。

さらにRooney。
ボランチGiggsが相手のボールをカットするやドリブル開始、すぐに縦パスをC.ロナウドに送る。
いつものロナウドであれば、ココからドリブル開始であったであろうが、選んだ技はダイレクト・ヒール・パス。ワン・ツー的に折り返しを受けたGiggsは、的を変えてRooneyに送る。
相手DFをスクリーニング・プレーで体の左側に抑えながら、後ろから転がってくるボールをそのまま右足でシュートを放った。
ネットは揺れていた。

前半15分で2−0。

その後もパク、サハと惜しい場面が続く。
ロナウドのFKも2度ほど見る事が出来たが追加点には至らなかった。
特にFW系のプレーヤーが惜しいシュートを放つと、テレビ画面はベンチにいるルートの表情を追っかける。
意味深である。

どちらのチームも後半開始時から一人ずつメンバー・チェンジ。
Rooneyがキーパーまで抜いてシュートを放つが、これはポストを叩くご愛嬌。
ルートも少しだけ出てくるが、惜しい場面が一度だけ。

最初の15分から考えると少しだけ物足らない終わり方であったが、勝点「3」を積み増すことができたことで良しとしましょう。
管理人の注目はFW争いである。

偏狂Man-U!