×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂Baggio!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Baggio!2004年4月29日(金) Robert BAGGIO 引退興行マッチ
イタリア(1−1)スペイン

BAGGIOファンならいいが、ユーロ本大会を迎えて大事な時期のアズーリです。
ユーロにBaggioを連れて行くならテストマッチでもいいが・・、
なんて無粋なことを言わずに純粋に拍手を送ろう。

都市国家であるイタリアは、なかなかひとつにまとまることがないようだが、コノ男が入ると別格です。
40,117人でいっぱいになるここジェノバのルイジ・フェラ-リスというスタジアムは超満員。

イタリア
GK:1ブフォン→(46")12ペルッティ
DF:2パヌッチ、5カンナバロ(C)→(46")14フェッラーリ、6マテラッティ、3ザンブロッタ
MF:4ペロッタ→(46")23アンブロジーニ、8ピルロ→(76")13ネルヴォ、7フィオーレ→(76")18ステファノ・ディアナ、11ディ・ヴァイオ→(66")19ファヴァッリ
FW:10Baggio→(87")ミッコリ、9ヴィエリ→(76")20コッラーディ

スペイン
GK:1カシージャス→(79")12カニサレス
DF:2M.サルガド、6エルゲラ→(85")19ヴィジャール、5ホアニート、ラウール・ブラボ
MF:4シャビ・アロンソ、8アルベルダ→(46")15シャビ、11エチャベリア、10ビセンテ→(46")17ホアキン
FW:7Raul(C)→(46")16ヴァレロン、9モリエンテス→(46")14フェルナンド・トーレス

なんか違和感のある始まりだ。
キャプテンがカンナバロではないか。
Raulとのペナント交換をするBaggioの姿を期待していた管理人にとっては少しだけ残念です。

立ち上がりからスペインもアグレッシブだ。
モリエンテスとRaulの帝国コンビが復活した無敵艦隊は、Baggio引退興行なんておかまいなしのガチンコ状態です。
帝国の一員エルゲラがCKからのこぼれでネットを揺らすがオフサイド!
いいですー、こういう真剣的勝負は緊迫感がある。

Baggioは自然体で中盤のタメを作りながらディ・ヴァイオやワガママ・ヴィエリを操縦する。
特に後継者ピルロへのパスは丁寧だったように感じる。
前半の最後の方には自らのヘッドでゴールも狙おうかとするが得点にはならないが、会場はヤンヤの大喝采!

そして後半が始まった。
お〜!
キャプテンマークがBaggioの左腕に巻かれている。
この姿こそがコノ男の定型版です。

いかん、涙腺が・・・。

両チーム大幅にメンバーが代わっていくのだが、Baggioの勇姿はまだまだ続く。

しかし、先取点はRaulに代わったAマドリーの若きキャプテン・フェルナンド・トーレスだった。
オフサイドギリギリに合わせるヴァレロンも帝国の2トップの交代組で、前半と後半のどっちのアタッカーを使うのか監督も頭が痛いところである。

直後にヴィエリがヘッドで返す。
1−1の同点である。

Baggioの見せ場はゴール前のFKだった。
残念ながらGKカニサレスの正面だったが、セットからキックまでの「間」にしばし観衆は酔う。
三振しても拍手喝さいだった中西太やチョーさんなんかと同じ感覚です。

残り時間わずかなところでお役ゴメンの交代。
会場は感動のスタンディングオベイションでBaggioを讃える。

ひとつの時代が終わっていくようだ。

偏狂Baggio!