×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂Baggio!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Baggio!2004年2月17日(火) セリエA 21節
ブレッシア(1−1)サンプドリア

リアルの放送が無かったので、ラグタイム観戦です。
しかし、私の中では生観戦のつもりで、いよいよBaggioの200ゴールが見ることが出来る(いや、見逃したくないという強迫観念か・・)のではないかとワクワク状態です。

今日のマリオ・リガモンティは絶好の観戦日和であったかそう。
海の街サンプドリアからも熱狂ファンが駆けつけているらしい。

ブレッシア(監督ジョバンニ・デビアージ
GK:22アリアルディ
DF:3ダイネッリ、5マルティネス、20カステリーニ、32ディ・ビアッジョ
MF:6マウリ、8マトゥザレム、21コルッチ(53分⇒16マレコ)、26バキーニ(71分⇒11デル・ネーロ)
FW:10Baggio(C)、29カラッチョーロ(79分⇒9マネイロ)

サンプドリア(監督ワルター・ノベッリーノ)
GK:21アントニオーリ
DF:3ベタリーニ、5カロッツィエーリ(C)、72サッケッティ、77ゼノーニ
MF:17パロンボ、23ディアーナ、27ドニ(85分⇒26ペドーネ)、29ドナーティ
FW:7チプリアーニ (92分⇒97ヴァルトリーナ)、9バッツァーニ

開始6分に、早くもBaggioの必殺スルーパスが炸裂した。
Baggioが受けた瞬間から、コルッチとカラチョーロが猛然とゴールに向かって走り出す。
DFの間のどこを突くのかはBaggioの右足のみが知る。
相手が何人いようが、抜け出されたあとのDFラインの裏にはGKしかいないので、なんなくカラッチョーロが決めて先取点はブレッシアだった。

惜しむらくは、前半の早い時間帯にもう1点が入っていればブレッシアの完勝だったはず。

後半は、ビハインドされているアウェー・サンプドリアが攻勢。
FKやCK、そしてロングスローとセットプレーがよく訓練されているからか、この辺からのチャンスが多く感じる。
そして本日のMVPドニの登場である。
攻守にわたってよくボールの中心にいたドニが、Baggioの頭の上を抜くFKを叩き込んで同点。
残り時間わずかな時の交替に、スタジアム全体から拍手が送られているような気がします。
こんなスゴイ奴とチームメイトだったのか、ヤナギサワ!

主審ガブリエルさんの判定は、最後までホーム・ブレッシアに厳しく、激昂したデビアージはあえなく退場。
ロスタイムのBaggioのFKはGKアントニオーリのファインセーブで勝ち越しならず。
両チームに勝点「1」が与えられたドローゲームで終わりました。

200ゴールは次週のレッチェ戦に期待しますが、スカパーさんの放送はなかろうなあ・・。

偏狂Baggio!