×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2003年9月22日(月) 2003年プレミアリーグ 第5週
Man-U(0−0)アーセナル

イエローカード(MはMan-U、Aはアーセナル):キーン(M、24分)、トゥレ(A、55分)、キーオン(A、61分)、ヴィエラ(79分、83分)、 ファン・ニステルローイ(M、83分)、クリスティアーノ・ロナウド(M、85分)、フォーチュン(M、91分)

今までの遺恨に輪をかけて恩讐を残したかのような試合だった。アンリの調子が上がらないのか、外(タッチライン)で待つことが多くチャンスにはならないアーセナル。時おりベルカンプのアイデアでゴールに迫るが、完全にMan-Uのペースだった。

荒れた試合がさらにヒートアップするのは後半30分を過ぎたあたりから。ビエイラが立て続けにイエローをもらい退場。アーセナルはそれまでアイデアの起点になっていたベルカンプを下げなければならないというピーンチ!

ロスタイムは3分、ネビル兄ちゃんからの放り込みにPK・・。しかし、Vニステルロイの蹴るボールは、力一杯バーをたたいて得点ならず。両チームが勝点1をゲットするカタチでゲーム終了。しかし、Vニステルロイの背中からぶちかましをかけるアーセナルのバカチンのおかげで小競り合いが続く両チームだった。

今シーズンも、両チームの仁義無き戦いは続くようだ。

「くわばら、くわばら・・。」

偏狂ManU!