×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Man-U!2003年8月28日(木) 2003年プレミアリーグ 第3週
Man-U(1−0)ウォルバーハンプトン

懐かしさと目新しさが交錯するオールドトラッフォード。しかし今日の試合は、それだけだった。

懐かしさは、ポール・インスとデニス・アーウィン。元赤い悪魔のメンバーがウォルバーと共に、ここオールドトラッフォードに戻ってきた。インスはイングランド代表としても活躍した魂の権化。今親分キーンにキャプテンシーを受け渡した人。アーウィンはアイルランド代表で、そのキーンと共に戦った人。

新しさでは初登場のクレーベルソン、初先発ロナウド、オシェイ、ネビル兄ちゃん、フォルラン・・。CBはキーンとオシェイのアイルランド組、両SBはネビル兄弟。Giggsとスコールズはベンチからで、ジェンバ・ジェンバやソルスキャに中盤を任せてターンオーバー制を敢行する監督ファーガソンだった。

新チーム赤い悪魔の先取点は開始早々だった。Giggsの影武者フォルランが右CK、決めるのはオシェイ!管理人が密かにイチオシしていたこの若武者が、Man-U初ゴールを決めてくれて、みんなから祝福されるは、親分からは祝いの張り手をくらうはと、盛り上がって始まる開幕3戦目だった。

しかしMan-Uも見せ場はここまで。あとはウォルバー新参加のセネガル代表アンリ・カマラが、個人のDFの裏を取る動き、ミドルシュート、惜しいシュート、オーバーヘッドのシュート・・とホントに個人のみが光っていた後の時間だった。

あー、久しぶりに退屈なMan-Uだった。裏番組的なU-17準決勝アルゼンチン・スペインの方が盛り上がっていたぜ!

偏狂ManU!