×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会場案内

 ホームスタジアム

 独り言ブログ

 偏狂アビスパ!

 偏狂Man-U!

 偏狂Baggio!

 偏狂観戦記

 偏狂迷場面

 管理人選手票

 連絡先

偏狂Baggio!2003年2月16日(日) 2003年セリエA第21節
ローマ (0−0)ブレッシア

前半こそ攻守ところ変わるところがあったが、後半は一本のシュートを除いてまるでワンサイドゲームでした。
数えたわけではないけど、後半だけで10本以上のコーナーキックがあり、それに近いだけのシュートが撃たれてたと思いますが、なんとかしのいだアウェー・ブレッシアにはまあまあの勝ち点1ですが、ホーム・ローマファンにはストレスが残ったことでしょう。

悪童カッサーノは、後半からトティに代わり出場しましたが、彼が45分出たのは初めて見ました。
これはカペッロも勇気ある決断だったと思います。
その英断とは、「カッサーノが45分で活躍するか、45分間もルールを守り続けることができるか」ではないでしょうか?

本日の敢闘賞は、
WOWOW タカハラとスカイパーフェクトTVBaggioの2試合をはしごで生解説をしていた三浦俊也さんにさしあげたいと思います。

偏狂Baggio!